笠原寺|川崎大師 京都別院

巡拝

大本堂

真言宗智山派大本山、川崎大師(金剛山金乗院平間寺)の京都別院として、御本尊「厄除弘法大師」のご分躰を勧請し、お祀りしております。
また御本尊向かって右手には不動明王を、左手には愛染明王をお祀りしております。

弘法大師1150年御遠忌(昭和59年)の記念事業として、開山主である笠原政江尼が発願し、昭和58年10月に建立されました。

開山堂


大本堂左手奥にある総ヒノキのお堂。真言宗の御本尊である金剛界大日如来をお祀りしております。

玉洗院

開山堂横にある水子供養の御霊殿で、地蔵菩薩をお祀りしております。
手厚く御供養をして、水子の冥福を祈りましょう。

笠原寺四国八十八ヶ所お砂ふみ霊場


四国八十八ヶ所霊場を巡拝されると同じような功徳を積めるといわれているお砂踏み。
四国八十八ヶ所各霊場寺院の御本尊をお祀りし、各寺院より頂戴した境内のお砂をそれぞれの正面に敷くことにより札所とみなし、そのお砂を踏みながらお参りをします。

Return Top